読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究してますか

研究しているときは更新されます。研究してないときは更新されません

Quickrun.vimを使えたら嬉しい

嬉しいに越したことはありません。


ついでに、C++で書いたファイルを
OpenCVを使ってコンパイルできるようにしましょう。

導入

NeoBundle 'thinca/vim-quickrun'

からの

:NeoBundleInstall

学習しました。

設定

.vimrcに書くだけです。
もはやなんでも.vimrcに書けばいいような気がしてきます。

" -------------------
"  vim-quickrun
"

" 保険
if !exists("g:quickrun_config")
    let g:quickrun_config={}
endif

let g:quickrun_config  = {
            \   "_" : {
            \   "outputter/buffer/split" : ":botright 8sp",
            \   "runner" : "vimproc",
            \   "runner/vimproc/updatetime" : 40
            \   },
            \
            \   "cpp/g++" : {
            \   "cmdopt" : "`pkg-config --cflags opencv` `pkg-config --libs opencv`"
            \   },
            \}

"_"はすべてのtypeに関してということです。
出力は下側8行としました。

多分この書き方は良くないのですが、g++でコンパイルするのは今はOpenCVだけなので。
本当は

:QuickRun cv

って打ったらOpenCV使ってコンパイルして欲しいんですが。

勉強が足りません。


OpenCVのメモも残しておかないといけません。